10月14日

プロジェクトをGitにアップロードする

リーダーはプロジェクトをGitにアップロードするための準備をする。

参考ページ
http://another.maple4ever.net/archives/2060/

リーダーがBacklogにアップロードしたプロジェクトを、他のメンバーがインポートする。

各自で[Maven]-[プロジェクトの更新]と[実行]-[Maven install]を実行する。

10月7日

チーム開発

Aチーム
・Pacutter

Bチーム
・tktkmaker

Cチーム
・createblog

Dチーム
・mitachannel

Eチーム
・PPAP

今日の課題を作成する。
・ロバストネス図を作成する(2~3画面程度)
 作成したロバストネス図をPNG画像に出力する。
  [ツール]-[図を画像ファイルに出力]-[図をPNG形式で保存]
 保存したPNGファイルをBacklogにアップロードする
 Wikiにロバストネス図を貼り付ける。
・○○画面をデザインする。(画面数分)
 手書きやペイントなどで作成する。
 作成した画像をBacklogにアップロードする。
 Wikiに画面デザインを貼り付ける。

今後の作業の進め方

スタートアップミーティング

朝、10分程度のスタートアップミーティングを行う。
ミーティングで以下の内容を決める。

1日のチーム内の作業分担を決める。
各人がBacklogに課題を登録する。

チーム開発作業

ひとりで難しいときはペアプログラミングで効率を上げる。
課題に書いた内容を実装する。

  • ドキュメント整理(Wikiを活用)
  • JSP作成
  • コントローラ作成
  • エンティティ作成

Wikiで整理するとよさそうな情報

  • ロバストネス図(画面遷移図)
  • 画面デザイン
  • クラス図
  • シーケンス図

12:50ごろから1日のふりかえりを行う

ミーティング後、全員の課題を確認する。
KPT : Keep / Problem / Try

全員の課題の進捗確認。
チームごとのKPTの確認。

10月3日

チームで作成するサービスを決定する

メンバーが少ないチームは、候補を出しておく。

課題
リーダー(いない場合は他の人)が以下の課題を作成する。

  • 作成するサービスを決める(候補を出す)
  • サービスの名前(プロジェクト名)を決める
  • 基本的な画面遷移図(ロバストネス図)を作成する
  • WikiのHomeにサービスの概要を記述する
  • Wikiに画面遷移図ページを作成して画面遷移図を貼り付け、説明を記述する
  • WikiのHomeに画面遷移図のページをリンクする

無料のツール astah community が便利。
astah community v6.9

ロバストネス図、クラス図、シーケンス図などのUML図を作成できる。

9月16日

「Backlog」を検索する

リーダーがプロジェクトを作成する

  1. リーダーがBacklogにユーザー登録する
  2. ユーザー登録したらプロジェクトを追加する
  3. 作成したプロジェクトに他のメンバーを招待する
  4. も招待する

メンバーは招待されたURLにログインする。
ログインしたら、個人設定でパスワードを変更し、メールの設定で「メールの受信」のチェックをはずして保存する。

・課題の追加

・課題の編集
課題を完了させるときは、必ず別の人に確認してもらい、確認者の名前をコメントに記載して完了にする。

・Wiki
各自の名前でWikiページを作成する。
ホームからそれぞれのWikiページへのリンクを作成する。

・ファイル
Backlogのファイルシステムに、ネットワークドライブでアクセスできる。

・Git
リーダーはGitリポジトリを作成する。